今、注目の新設学部・学科

京都文教大学

こども教育学部*(仮称)/こども教育学科*(仮称)

*仮称/2020年4月設置構想中(現・教育福祉心理学科改組)であり、名称や内容は変更になる場合があります。

家庭や地域など子どもを取り巻く環境にも深く関わりながら、子どもの成長を支える教育や福祉のプロフェッショナルをめざす!

4年間を通した現場体験を重視
現・教育福祉心理学科の利点は残しつつ、教育と保育のプロフェッショナルを育成する充実した環境を整えます。「小学校教育コース※」と「幼児教育コース※」の2コースがあり、小学校教諭、幼稚園教諭、保育士の免許・資格取得をめざせます。「子どものこころに寄り添う教育者」「健やかなこころを育み、保護者の支援ができる保育者」の育成をめざし、4年間を通した現場体験を重視した教育を展開していきます。

■小学校教育コース*
子どものこころを深く理解して教育を実践できる小学校教員を養成。4年間を通じた現場体験(学校インターンシップや実習)を重視し、教育者として必要な資質と能力を伸ばします。教育支援や子育て支援、障がい者支援などに携わり、子どもや保護者との関わりについて、教育の現場で実践的に学ぶ機会も豊富です。
■幼児教育コース*
幼稚園教諭1種免許状、保育士資格を取得できます。保育現場での経験豊富な教員が細かく指導を行うほか、4年間を通じて保育所などでの現場で実践的に学べる機会も充実。子どもと保護者の気持ちを理解し、家庭や地域など子どもを取り巻く環境に深く関わりながらサポートできる保育者を育成します。
現場体験を学びに結ぶリフレクションを重視
学校インターンシップや保育所でのフィールドワークなど、1年次から小学校や保育の現場に触れて学ぶ機会が豊富にあります。将来、教育や保育のプロとして現場に立つ際にも、子どもと関わりながら学んだ経験が活かされるよう、大学の授業で学んだ知識と現場体験をリンクさせながら、実践力を鍛えていけるよう、本学の教員がしっかりとサポートします。個々の現場体験をゼミなどで仲間と共有し、さまざまな事例について理解を深めます。
子ども一人ひとりの成長はもちろん、保護者のこころにも寄り添い、支援していけるよう、授業では「臨床教育」への理解も深めます。子どもたちを取り巻く環境は、家庭や地域によってさまざまです。広い視野と個々に寄り添う視点を備えた臨床教育的支援ができる人材を育成します。
卒業後の進路
めざす卒業後の進路の一例です。
■小学校教育コース*
小学校教員、その他教育機関、公務員、その他一般企業全般 ほか
■幼児教育コース*
幼稚園、公立保育所、民間保育所、特別保育事業、子育て支援センター、家庭的保育事業、小規模保育所、
企業主導型保育事業、一般企業や医療施設の託児施設、教育業界、幼児教室、子ども関連業界、
ファッション・アミューズメント、その他一般企業全般 ほか

京都文教大学について

●所在地:
〒611-0041 京都府宇治市槇島町千足80 
●電   話:
(0774)25-2488(入試センター) 
●URL:
http://www.kbu.ac.jp