服部栄養専門学校

服部栄養専門学校

調理師本科(2年制)調理ハイテクニカル経営学科 1年

木村 裕太さん

(東京都立雪谷高等学校)

○将来の夢:世界で通用する料理人

○趣味:野球観戦

○アルバイト:イタリア料理店

○高校の時の得意科目:体育、数学

1
幅広いジャンルの料理の勉強ができる
鉄板焼き店を経営している友達の伯父さんを見ている中で、人との関わりがある飲食の世界が自分に向いていると思っていました。また、もともと物作りに興味があったので、調理系の専門学校に行きたいと思っていました。その中でこの学校を選んだのは、有名な現役シェフの先生の授業が受けられるからです。いろいろなジャンルの料理の勉強ができると思い、服部栄養専門学校に入学しました。
優しく丁寧に教えてくれる先生ばかりです
2
一年次は基本的な技術と知識を習得
今は衛生学や食材の成分などの講義、基本的な技術など、料理人としてまず必要な知識を中心に学んでいます。この学校に入る前から自分で料理をすることもあったのですが、今振り返ると、単純にレシピ通りに作っていただけでした。でも今は、順番やどのタイミングで火入れをすればいいのかなど、考えて作るようになりました。同じものでも味が変わりましたし、効率も良くなりました。
オムレツ作りを頑張っています
この学校に入って視野が広がった
二年生になると選択制になるのですが、今は日本料理と西洋料理のどちらに進むのか迷っています。細かい作業が求められるというのはどちらも同じですが、工程が異なります。経営にも興味があります。この学校に入ってから、将来の選択肢が増えたと思います。
日本料理のコンクールにも出場しました
4
海外にも興味津々
今年の夏に初めての海外旅行でシンガポールに行き、いろいろな国を回ってみたいという気持ちが芽生えてきました。2年生の12月にある研修旅行では、フランスとイタリアを巡るコースを選択したいと思っています。
学びが多いイタリア料理店でのアルバイト
将来を決める前にいろいろな経験をしたかったので、イタリア料理店でアルバイトをしています。お店ではサービスを担当していますが、目の配り方や厨房にコース料理を出すタイミングの指示など、学ぶことがたくさんあります。サービスの経験も料理人になってから生きてくると思うので、忙しいですが、充実しています。
5
夢は世界に通じる料理人
将来は、料理を通していろいろな国や場所に行ってみたいです。そのために、留学生と英語しばりで会話をしたり、楽しみながら語学も勉強しています。しっかりとした技術と人間力を身につけて、世界で通用する料理人になりたいです。
留学生と交流できる
世界各国から来ている留学生と一緒に学べます。文化の違いも知れるので、刺激を受けることも多いです。
学内での挨拶が自然
学生や先生からかけられた挨拶がとても自然で、アットホームな雰囲気だと言われます。挨拶はサービス業の基本という考えが浸透しているのだと思います。
マスターコース
世界的に有名な現役シェフを講師に招いて行われる放課後の特別授業では、デモンストレーションを見学できたり、教えてもらえたりします。
設備が充実
プロ仕様の調理器具や設備が豊富で、授業で使うことができます。実際に使うと一般的なものとは全然違って、効率良く調理することができます。
立地が良い
新宿まで歩いてすぐなので、授業の空き時間などにいろいろなお店にご飯を食べに行けます。さまざまなジャンルの美味しいお店が身近にある、好きには絶好の立地です。

服部栄養専門学校の所在地/問い合わせ先

所在地
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-25-4  入学相談室 0120-69-8101 (フリーダイヤル)

TEL.03-3356-7175 

ホームページ http://www.hattori.ac.jp
E-mail open@hattori.ac.jp
ページの先頭へ

服部栄養専門学校の資料や願書をもらおう

  • 資料請求
  • 願書請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内・願書
※資料・送料とも無料

_

注目★学校情報

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで服部栄養専門学校の情報をチェック!