理工学部 理工学科 数理・物理コース

自分で発想したことを繰り返し思考し、理論を発展させることで、科学の最先端を目指し、イノベーションを起こす人材を育成。

  • ※2020年4月入学者対象のものです。
数理・物理コース
この学部・学科の資料をもらう
 
 
数理・物理コースの特長
学部・学科・コースについて

私たちの生活を便利にする先端技術は、数学や物理学などの基礎科学の研究成果を応用して発展しています。数物学系は、数学、物理学の2つの学問分野を教育・研究し、それぞれの密接な関係についても理解を深めます。少人数クラスで専門科目を学び、道筋立てて複雑な諸問題を解決します。答えのある問題だけではなく、答が分からない問題に対して最善の解を見つける能力を高め、さまざまな分野で活躍できる人材を育成します。また、学校の教員を目指す学生は、所定の単位を修得することで、中学校教諭第一種免許状(数学)、高等学校教諭一種免許状(数学)を取得することができます。

学べる内容

■数学分野
解析学 III・IV/代数学 IA・IB/ルベーグ積分入門 など
解析学演習 III・IV/幾何学 IA・IB/数論

■物理学分野
力学 I・II/理論電磁気学 I・II/原子核物理学 など
物理学演習 I・II/相対性理論/生命物理学

■情報分野
数値計算法/数理プログラミング/コンピュータ数学 など
数値シミュレーション/数式処理

独自の教育体制

■フレッシャーズミーティング
4月に開催されるフレッシャーズミーティングは、教員と学生を交えての歓談の時間となります。その後、新入生全員や上級生(学生会メンバー)によるスピーチで、会はさらに盛り上がります。数理・物理コースは1学年の学生数が30名の少人数クラスのため同学年の結びつきは元々強いのですが、この会により学年の枠を越えた縦のつながりを強める良い機会となります。

■卒業研究発表会(中間発表)
春学期・卒業研究発表会を8月に行います。6研究室の4年生が日頃の成果を発表。「卒業研究 I」は中間発表ということで、講演時間4分・質疑時間2分、一方、「卒業研究 II」は講演時間10分・質疑時間5分でプレゼンテーションを行います。質疑では、教員だけでなく参加する学生からも質問やコメントが多く出て、活発で有意義な会となります。

資格について

■目指せる主な資格・免許
●学科コース関連資格
基本情報技術者
●所定の課程の履修で資格取得
中学校教諭(数学)/高等学校教諭(数学)/司書/司書教諭

卒業後、就職について

■卒業後の主な進路
教員(中学・高校)/IT関連企業/システムエンジニア/製造業/機械メーカー/国家・地方公務員/大学院進学 など

■主な就職先(2019年3月卒業生実績)
長野吉田工業株式会社、株式会社湘南ゼミナール、もろき会、日本マニュファクチャリングサービス株式会社、ヒューマンズ・ネット株式会社 など

 
学べる学問
  • 数学
  • 物理学
  • 情報工学

 

目指せる職業
  • 地方公務員
  • プログラマ
  • システムエンジニア(SE)
  • 中学校教諭
  • 高等学校教諭

関東学院大学の所在地/問い合わせ先

全ての所在地/問い合わせ先を見る

所在地

●横浜・金沢八景キャンパス

〒236-8501 神奈川県横浜市金沢区六浦東1-50-1

TEL.045-786-7019 

ホームページ http://ao.kanto-gakuin.ac.jp/
E-mail nyushi@kanto-gakuin.ac.jp
ページの先頭へ

関東学院大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内
※資料・送料とも無料

_

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで関東学院大学の情報をチェック!