こくがくいんだいがく

國學院大學

(私立大学/東京都・神奈川県)

資料請求

人間開発学部

教育現場での経験と最新の理論、日本の伝統教育を理解し、教育のプロフェッショナルを目指す。

  • ※2020年4月入学者対象のものです。
人間開発学部
この学部・学科の資料をもらう
 
人間開発学部の学科・コース・専攻一覧
初等教育学科
健康体育学科
子ども支援学科
 
人間開発学部の特長
取得資格

■課程認定申請免許・取得可能資格等
【初等教育学科】小学校・幼稚園教諭一種免許状、社会教育主事、学校図書館司書教諭、特別支援学校教諭一種免許(知的障害者、肢体不自由者、病弱者)
【健康体育学科】中学校・高等学校教諭一種免許状(保健体育)、特別支援学校教諭一種免許(知的障害者、肢体不自由者、病弱者)、スポーツ指導基礎資格((公財)日本スポーツ協会公認)、健康運動指導士((財)健康・体力づくり事業財団認定)の受験資格、水泳指導員((公財)日本スポーツ協会公認)の受験資格 他
【子ども支援学科】幼稚園教諭一種免許、保育士、特別支援学校教諭一種免許(知的障害者、肢体不自由者、病弱者)

就職状況

■業種別進路比率(2018年3月卒業生実績)
教育:40%
商社・小売:10%
サービス:9%
私立幼稚園:9%
など

カリキュラム

「人間力の育成」という社会の要請を受け設立された教育系学部です。
小学校・幼稚園の教員の育成を目指す「初等教育学科」と中学・高等学校の保健体育教員、スポーツインストラクターの育成を目指す「健康体育学科」、保育士・幼稚園の教員の育成を目指す「子ども支援学科」の3学科を設置。「響同」学習の中で、子どもたちの潜在的な可能性を引き出すための指導技術を学びます。

■初等教育学科
伝統文化、古典文学、体験活動を踏まえ、現在の教育界が抱える様々な問題に対応できる高度な教育力と指導力を備えた小学校教諭の育成が目的です。その他、小学校教育との接続を目指す創造性豊かな幼稚園教諭、社会教育主事、出版・育児関係の教育産業従事者等、様々な分野で課題解決に対応できる人材の育成をめざします。

■健康体育学科
競技成績だけを重視するのではなく「失敗」や「挫折」の経験を、高度な教育力と指導力に結びつけることが目的です。保健体育科教員および健康・スポーツ指導者の養成や、多様な変化を見せる健康・スポーツに適切に対応できる地域社会におけるスポーツリーダー、人命の安全に係る公務員等の養成を目指します。

■子ども支援学科
教育・保育の知識、医学・心理学的知識や、保護者に対するカウンセリングの技術、地域をまとめる指導力など、現場ですぐに活躍できる実践力を重視しています。地域の子育てを総合的に支援できる新時代の保育園・幼稚園教諭を育成します。

独自の学習システム

■少人数型の「響同」学習
ルーム制・ゼミ制を柱に、学習上の課題や体験活動について教員が学生と共に取り組み支援することにより、教授と学生たちが心を通わせて響き合う「響同」学習を目指します。

■自分の「得意」を追究するカリキュラム
学生自らが得意分野を発見し、その専門性を高めることを目的として以下の展開科目を用意しています。
【初等教育学科】「言語・古典」「自然科学」「児童英語」「特別支援教育」「幼児教育」
【健康体育学科】「スポーツコーチング」「スポーツマネジメント」「ヘルスプロモーション」「伝統と身体文化」
【子ども支援学科】「子ども文化・環境」「健康・発達」「地域・福祉」

 
インタビュー
高山 真琴 教授

先生 高山 真琴 教授(人間開発学部 初等教育学科)

師弟同行で深める往還的な学び。

初等教育学科では、教育インターンシップや教育実習を通して「理論と実践」という双方向の学びを大切にしています。指導する立場を体験してきている教員が、子どもたちとの関わりを体験してきた学生の喜びや悩みを受け止め、個別に対応する姿はまさに「師弟同行」。学生の「なぜ?」を共に考え、活動体験の意味を知的理解へと導く教員の姿に未来の自分の姿を重ね合わせ、ヒトを育てる人としての自分を育ててほしいと思います。

伊藤 英之 助教

先生 伊藤 英之 助教(人間開発学部 健康体育学科)

スポーツ科学の学びから、より良く生きる術を学ぶ。

健康体育学科では、心理学や栄養学、生理学、バイオメカニクスなどのスポーツ科学の基礎科目を学び、教科教育法やコーチングなど発展科目に進んでいきます。学修を進める上で大切なことは、物事の原理原則を理解するための知識を可能な限り広く、たくさん吸収することです。考えの基盤となる理論を修得し、個々のHow toの構築に活かしてください。スポーツ科学の学修から自分の人生を豊かにするヒントを見つけてください。

吉永 安里 准教授

先生 吉永 安里 准教授(人間開発学部 子ども支援学科)

理論と実践をつなぐ学びで、知識と経験を培う。

子ども支援学科は平成28(2016)年度に開設4年目を迎え、初めての卒業生を送り出しました。大学で理論を学び、実習など現場で実践する。また現場で得た気付きや課題を再び大学に持ち帰り、仲間とともに学びを深めてさらに次の実習へとつなげていく。こうした連続性とフィードバックのある学びで知識と経験を培った学生が、幼稚園教諭や保育士として活躍しています。向上心と探求心を持って学び、行動する力を付けていきましょう。

 
学べる学問
  • 教育学
  • 体育学
  • スポーツ学
  • 教員養成
  • 児童学

 

目指せる職業
  • 小学校教諭
  • 中学校教諭
  • 高等学校教諭
  • 幼稚園教諭
  • 保育士
  • 健康運動指導士
  • スポーツトレーナー

國學院大學の所在地/問い合わせ先

全ての所在地/問い合わせ先を見る

所在地

●横浜たまプラーザキャンパス

〒225-0003 神奈川県横浜市青葉区新石川3-22-1

TEL.045-904-7700 

ホームページ http://www.kokugakuin.ac.jp/admission
E-mail exam@kokugakuin.ac.jp
ページの先頭へ

國學院大學の資料や願書をもらおう

  • 資料請求

※一般入試はオールWEB出願となります。

-

●入学案内
※一般入試はオールWEB出願となります。

_

ピックアップ
オープンキャンパス

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで國學院大學の情報をチェック!