経済学部

2015年に110周年という節目を迎えた伝統ある経済学部。
広く国際的で豊かな教養・学識と専門能力を有する人材を養成する。

  • ※2019年4月入学者対象のものです。
経済学部
この学部・学科の資料をもらう
 
経済学部の学科・コース・専攻一覧
経済学科
経済情報システム学科
国際経済学科
公共・環境経済学科
 
経済学部の特長
学部・学科・コースについて

■経済学科
経済学科は、専門科目が多彩なので進路に応じて体系的な知識を身につけることができます。基礎マクロ経済学、基礎ミクロ経済学、統計学、計量経済学などの基礎科目で分析方法を培います。それをもとに、財政学や金融論、経済政策論といった応用系の科目の学びを積み重ねていくことで、経済に関連する要素を理解し、あらゆる経済問題に対して自分なりに分析できる力を育んでいきます。

■経済情報システム学科
経済情報システム学科は、広くダイナミックに変化している現代社会の仕組み、そしてその仕組みのうえにおいて活動している産業や企業についての理解を深め、よりよい経済活動のあり方を探求します。これまでの経済活動の歴史的変遷とその背景、そして現状の経済活動を体系的に学習することにより、経済的諸問題に対応できる能力や、公認会計士などの会計専門職をめざすうえで必要な知識を身につけます。

■国際経済学科
国際経済学科は、日本と諸外国の間の経済問題を総合的に学ぶのが特徴です。英語や初習外国語の知識や、ミクロ経済学やマクロ経済学などの基礎的な知識も修得できます。国際経済の問題に関して専門的立場から解決策を見つけるための基盤を学び、コンピュータを用いて、理論的で実証的な分析方法を修得します。そのうえで、国際経済学や国際金融論などを重点的に学ぶ構成になっています。

■公共・環境経済学科
公共・環境経済学科は、国や地方公共団体の行政サービスやさまざまな公的機関ばかりでなく、NGO・NPOなどの民間団体、また国境を越えた多国間機構などが展開する安全、福祉、教育、国際貿易・通貨、平和構築、人道支援に至る多くの種類の活動を学習します。また、これらの組織の運営のあり方や環境政策のあり方を学びます。

独自の学習システム

■全16分野、約60テーマのゼミを開講
社会に出た際に求められる実践的な能力を養うゼミナールに力を入れています。学生自らが課題を見つけ、ゼミ生同士の討論や海外も含めた実地調査等から解決策を見いだし、その結論を広くプレゼンテーションしたり、論文にまとめたりします。

■1年次からの充実したキャリアアップ教育
1年次に開講しているビジネス・プロジェクト講座では、企業の方から現場での課題が提示され、チームで問題解決に取り組みます。また、全国に先駆けて導入した単位認定インターンシップでは、海外企業も含めた全13コースから選択することができ実際に企業で職業体験をします。

■グローバル人材育成教育
「グローバル・リーダーズ・プログラム(GLP)」「グローバル・フィールド・スタディーズ(GFS)」「海外インターンシップ」を開講し、世界で起こっている様々な問題を解決するために、自ら考え行動することができる人材の養成に力を入れています。

主な就職先

みずほフィナンシャルグループ、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、大和証券グループ本社、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、横浜銀行、明治安田生命保険、日本生命保険、損保保険ジャパン日本興亜、パナソニック、サントリーホールディングス、大塚製薬、楽天、NTTドコモ、電通、三菱商事、東急リバブル、三菱地所ハウスネット、全日本空輸、東日本旅客鉄道、伊藤忠ロジスティクス、清水建設、東京都庁、神奈川県庁、東京都八王子市役所、アクセンチュア、Apple Japan ほか多数(2018年3月卒業生実績)

奨学金制度

経済学部では、充実した学生生活を送ることができるよう、それぞれの必要に合わせた様々な奨学金制度を用意しています。現在では、経済学部の学生のうち、毎年100人以上が経済学部給付奨学金の給付を受けています。また、経済学部給付奨学金のほかにも、中央大学には各種の給付・貸与奨学金が用意されており、学生の皆さんをサポートしています。入学後はぜひ積極的に活用してください。

■学長賞・学部長賞奨学金
経済学部の2~4年次に在学し、学力・人物ともに優秀な学生

■経済学部給付奨学金<自己推薦>
経済学部の2~4年次に在学し、ボランティア、スポーツ等の社会文化活動、ゼミ活動等で特に優れた学生や在学中に会計専門職・コンピュータ・語学などの資格試験において優秀な成績を修めた学生

■経済学部創立百周年記念奨学金
経済学部の2年生以上の在学生で、将来のキャリアプランが明確であり、計画的にそして熱意をもってチャレンジし、目標を達成することができる者

■経済学部グローバル人材育成奨学金
海外留学(語学学校での語学留学を含む)、海外インターンシップ、海外フィールド調査(ゼミ活動に限る)のいずれかの活動をすることが確定していて、将来グローバルなフィールドで活躍したいと考えている経済学部生

環境

■4年間を通じて多摩キャンパスで学びます
多摩キャンパスは東京都八王子市の多摩自然丘陵公園の中にあり、51万8,401平方メートルの広大な敷地には、学部棟、研究棟、サークル棟、図書館、屋内外のスポーツ施設、難関国家資格合格をめざす学生のための「炎の塔」など、充実した施設がそろっています。

 
インタビュー
吉田 遥夏さん

在学生 吉田 遥夏さん(3年)

成長できる環境のありがたさ

私は林光洋ゼミナールに所属し、発展途上国の経済や国際協力を学んでいます。3年生の9月には、研究プロジェクトの一環として、インドネシアで2週間の現地調査を行いました。初の海外で不安もありましたが、英語が苦手でも、発言する勇気、何かを伝えたいという気持ちが大切であることを学びました。仲間とぶつかり合うことも含めて、仲間と研究することの楽しさはゼミ活動でなければ味わうことが出来ないと思います。

佐々木 快さん

在学生 佐々木 快さん(2年)

新しいことを考える習慣がついた

ビジネス・プロジェクト講座では、実際に企業が抱える課題に対して、企業の強みを生かして、新規性の高い企画立案することを求められました。仲間と試行錯誤しながらも0から1を生み出す難しさと楽しさを学び、今ではその過程で得た考え方が、普段の生活においてもベースになっていると感じています。

小泉 希々さん

在学生 小泉 希々さん(2年)

留学を通してグローバル社会で活躍する一員になりたい

経済学部には、学部独自の給付型奨学金である『グローバル人材育成奨学金』があります。私はこの奨学金を利用して、夏休み期間に韓国へ短期留学をしました。短期留学では、語学力を向上させることの他にも、アジアや欧州の人々と交流することができたため、様々な文化の違いを肌で感じることができました。また留学を通じて、国際的な視点から、国際社会における日本について学びたいと思ったため、来年度から一年間の交換留学をする予定です。

 
学べる学問
  • 経済学

 

目指せる職業
  • 国家公務員
  • 地方公務員
  • 国税専門官
  • 税理士
  • 公認会計士
  • 経営者
  • 経営コンサルタント
  • ファイナンシャルプランナー
  • 通関士

中央大学の所在地/問い合わせ先

全ての所在地/問い合わせ先を見る

所在地

●多摩キャンパス(法、経済、商、文、総合政策、国際経営学部)

〒192-0393 東京都八王子市東中野742-1

TEL.042-674-2144  (入学センター) 

ホームページ http://www.chuo-u.ac.jp/
ページの先頭へ

中央大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求

※資料・送料とも無料