にしょうがくしゃ

二松学舎大学

(私立大学/東京都・千葉県)

資料請求

文学部

2017年10月10日に創立140周年を迎えた伝統校。
夏目漱石や犬養毅らも卒業した本学で、文学や思想を学ぶ

  • ※2019年4月入学者対象のものです。
文学部
この学部・学科の資料をもらう
 
文学部の学科・コース・専攻一覧
国文学科
  国文学専攻
  映像・演劇・メディア専攻
  日本語学専攻
  日本文化専攻
  比較文学・文化専攻
中国文学科
  中国文学専攻
  日本漢学専攻
  中国語専攻
  書道専攻
  韓国語専攻
  比較文学・文化専攻
都市文化デザイン学科
  文化デザイン専攻
  都市・メディア専攻
  グローバルコミュニケーション専攻
 
文学部の特長
取得資格

小学校教諭二種免許状<国>
中学校教諭一種免許状【国語・中国語】<国>※[中国語]は中国文学科のみ
高等学校教諭一種免許状【国語・書道・中国語】<国>※[中国語]は中国文学科のみ
学校図書館司書教諭<国>
図書館司書<国>
学芸員<国>
※都市文化デザイン学科では、教育職員免許状は取得できません。

カリキュラム

文学部は伝統と実績のある国文学科と中国文学科、都市文化デザイン学科の3学科で構成されています。文学を学ぶうえで、基礎から専門へとスムーズに移行できるカリキュラム構成となっています。1・2年次では文学を学ぶために必要な基礎知識を習得し、2年次以降は各学科に分かれて学びます。一部の科目を除き、学科・専攻の枠を越えて履修が可能です。3・4年次は学びの集大成としてゼミナールに所属し、2年間同一教員のもと自分の専門分野の知識を磨き、4年次には卒業研究として論文作成や作品制作を行います。ひとつのテーマで研究を深めることが、社会で活躍するための礎となります。

学べる内容

■国文学科
日本の文化を学ぶことは、いまの私たち自身を知ることです。例えば古典文献の解読を通して過去の人々の生活や思いを考え、自分自身と比較することで、自分のあり方を探す契機が与えられるでしょう。そのための対象は、近現代の小説や詩歌、演劇や映像であっても変わりありません。国文学科では自らを見据え、他に向けて発信する「自分」を重視します。

■中国文学科
一つの国の文化が一国だけで成立することはあり得ません。日本も例外ではなく、私たちの精神や思想の背景には、古来からの中国大陸や朝鮮半島からの影響があります。中国文学科では中国の文化や思想、言語を中心に学びその理解を深め、さらに日本や韓国の文化を学ぶことができます。近年、必要とされている東アジアで活躍できる国際人を育成します。

■都市文化デザイン学科
小説、マンガ、アニメ、ゲームなどの日本文化はクリエイティブ産業における重要なコンテンツとなっています。一方で、発信力と「日本文化への深い理解」を兼ね備えた人材はまだまだ不足しています。都市文化デザイン学科では日本の文学・文化に関する研究を礎に、実践的に日本文化を再編・発信できる人材を育成します。

就職指導

■学力、意識ともに優れた教員を育てる実践的な支援を行っています。
二松学舎大学は「国漢の二松」と称され、国語、とりわけ古文・漢文に優れた教員を輩出してきた伝統があります。教職課程センターは、授業で学んだ知識を教育力に導くとともに、優れた人間力を育むサポートをしています。
高い素養が求められる教員の養成に、教育技術面、精神面、進路面できめ細かな支援をするために、中学・高等学校での豊かな経験を積んだ教員をも配しています。

■教員採用選考合格講座
教職課程センターでは、公立学校の教員を目指す学生のために「教員採用選考合格講座」を開講して受験対策に取り組んでいます。
講座は、1年次対象の「基礎導入講座」(2年次に進級する春休みに開講)から4年次対象の「直前講座」(4年次の採用試験直前の4・5月に開講)まで4年間で10講座を開講しています。
講座内容の主なものは、専門科目の国語(現代分・古文・漢文)を基礎から学びなおすことを中心に、教職教養科目、時事問題などを盛り込んで、4年次の夏の採用試験合格を目標に学年ごとに段階的に学習できる、徹底した受験対策の講座です。

■国語科教員養成特別コース
2011年よりスタートしたプログラム。コースの受講者は、選考により決定します。

国際交流

■語学学習にとどまらず、異文化を学ぶ貴重な機会を提供しています。
○point 1
二松学舎大学では約3週間の短期海外語学研修や、半年~1年の派遣留学を実施しています。
○point 2
中国・韓国・台湾・ハンガリー・オーストラリア・イタリア・フランス・英国・アイルランド等に海外協定校があり、そのうち5校(北京大学・成均館大学校・中国文化大学・ケンブリッジ大学・リール第三大学)と交換留学を実施しています。

主な就職先

【建設・不動産】
FJネクスト、きんでん、ジェイ・エス・ビー、日本空港テクノ
【出版・印刷・広告】
三省堂、サンワ、セザックス、島津ホールディングス
【製造】
アルビオン、イワツキ、川岸工業、カワセコンピュータサプライ、桐井製作所、BXティアール、ヒダン
【情報・通信】
アイネス、日本テレメッセージ、マネジメントサービス
【運輸・旅行】
鴻池運輸、東日本旅客鉄道
【卸売】
岡部バルブ工業、落合、河内屋、小泉、サマンサタバサジャパンリミテッド、東京堂
【小売】
ウエルシア薬局、サンベルクス、ジェーソン、千疋屋総本店、そごう・西武、ユザワヤ商事
【金融・保険】
朝日信用金庫、警視庁職員信用組合、さわやか信用金庫、常陽銀行、住友生命保険相互会社、第一生命保険、千葉信用金庫、東京信用金庫、八十二銀行、富国生命保険相互会社
【サービス】
シー・アイ・シー、四季、東京ドームスポーツ
【宿泊・飲食】
京急イーエックスイン、ダイヤモンドダイニング、日本KFCホールディングス、ビーケージャパンホールディングス
【教育】
明日葉、日本入試センター、MANABI外語学院、臨海
【医療・福祉】
愛総合福祉、IMSグループ、ニチイケアパレス、ベネッセスタイルケア
【郵便・団体】
佐原農業協同組合、日本郵便、やさと農業協同組合
【公務員】
市川市役所、江戸川区役所、葛飾区役所、神奈川県警察、江東区役所、越谷市役所、寒川町役場、中央区役所、栃木県警察、野田市役所、防衛省自衛隊、横浜市役所
(2019年3月卒業生実績/文学部のみ)

 
インタビュー
石原紅葉さん

在学生 石原紅葉さん(国文学科・日本文化専攻・4年次生)

当たり前のことを当たり前だと片付けない。

日本文化専攻の科目だけでも、宗教学や民俗学、歴史学など、さまざまな方向から日本文化を学ぶことができます。私は文化を学ぶ上で、当たり前のことを当たり前だと片付けないことを大切にしています。何気ない生活の中にこそ物事の本質が隠されているもの。一歩引いて考えるということが、文化を掘り下げる糸口になると感じています。

塩沢一平教授

先生 塩沢一平教授(専門分野:万葉集、J-POP)

他者とのコラボレーションの中で高い成果を目指す

万葉集を中心とした上代の和歌・歌謡研究が専門です。討論や課題を探し、社会で通用する力が身に付く講義を目指しています。授業では、J-POPもしばしば登場。古代の歌を学ぶことが現代の歌を考えることにつながり、反対に現代のライブから古代の祭祀での歌舞を理解することにもつながります。

小方伴子教授

先生 小方伴子教授(専門分野:中国語学)

中国文化に触れながら国際社会で活かせる中国語を習得する

3年次からはゼミナール等で、小説やエッセイを翻訳したり、文法や文学に関する最先端の研究論文を精読したり、各自の興味に応じて専門的に学びます。これまで「漢文」として親しんできた中国の古典作品を、中国語で味わう楽しさも知ってほしいと願っています。

 
学べる学問
  • 外国文学
  • 言語学
  • 歴史学

 

目指せる職業
  • 国家公務員
  • 地方公務員
  • 小学校教諭
  • 中学校教諭
  • 高等学校教諭
  • 書道教師
  • 書道家
  • 学芸員(博物館)

資格
  • 国家公務員
  • 地方公務員
  • 警察官
  • 小学校教諭
  • 消防官
  • 中学校教諭
  • 秘書検定

二松学舎大学の所在地/問い合わせ先

全ての所在地/問い合わせ先を見る

所在地

●九段キャンパス

〒102-8336 東京都千代田区三番町6-16

TEL.03-3261-7423  (入試課)  FAX.03-3261-8904  (入試課) 

ホームページ https://www.nishogakusha-u.ac.jp/admission/
E-mail nyushik@nishogakusha-u.ac.jp
ページの先頭へ

二松学舎大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求

※資料・送料ともに無料 願書は9月より、順次発送予定

-

●入学案内
※資料・送料ともに無料 願書は9月より、順次発送予定

_

ピックアップ
オープンキャンパス

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで二松学舎大学の情報をチェック!