ほっかいどういりょうだいがく

北海道医療大学

(私立大学/北海道)

資料請求

願書請求

リハビリテーション科学部 言語聴覚療法学科

チーム医療の現場で高い臨床能力を発揮できる
言語聴覚士を育成します

  • ※2019年1月現在のものです。
言語聴覚療法学科
この学部・学科の資料をもらう
 
 
言語聴覚療法学科の特長
資格について

■言語聴覚士国家試験合格率95.0%!全国平均を上回る好成績(2018年3月卒業生実績)

2018年2月、第20回言語聴覚士国家試験が行われ、本学新卒合格率は全国平均を上回る95.0%(受験者40名、合格者38名)となりました。

教育理念

■保健・医療・福祉の連携と統合を意識し、地域社会ならびに人類の幸福に貢献する

本学の教育理念を基本として、最先端の科学的知識を有するリハビリテーション専門職の育成を図る教育を推進します。科学的専門知識の開発及び教授に留まらず、保健・医療・福祉の連携と統合を意識した、包括的な視点を有する専門職業人を育成することにより、国民の健康を守り、地域社会ならびに人類の幸福に貢献することがリハビリテーション科学部の教育理念です。

カリキュラム

■チーム医療の現場で、高い臨床能力を発揮できる言語聴覚士を育成

【特色1:医学、歯学、心理学などの多様な視点から学ぶ言語聴覚療法】
身体科学や心理学と対応した言語聴覚療法の幅広い実践力を養うため、脳や神経科学領域から言語コミュニケーションを理解する科目のほか、医学、歯学、言語学、心理学などの科目も充実。教員には言語聴覚士をはじめ、耳鼻咽喉科や神経精神科の医師、歯科医師、言語学や音声科学の専門家などがそろい、ハイレベルな学びを展開します。

【特色2:患者さんや多職種とのコミュニケーションを磨く】
言語聴覚士の基礎であるコミュニケーション能力向上のため、劇団の指導などを通して患者さんの心理に寄り添う技術を習得。さらに医療系総合大学の強みを生かした多職種連携論などで、医療人としてのコミュニケーションを磨きます。

【特色3:全国に先駆けOSCEを導入、自信をもって実習へ臨む】
臨床実習に向けて、検査技能や態度などを評価するOSCE(オスキー:客観的臨床能力試験)を実施。弱点を克服し、実習現場で明確な目標をもって学べるよう、きめ細かく支援します。

【特色4:超高齢社会で広く活躍するリハビリ専門職】
言語聴覚士は、聞く・話す・食べるにかかわる障がいの評価や訓練を行う専門家。超高齢社会を迎え、活躍の場が大きく広がっています。20年以上にわたる養成実績が医療大の信頼の証です。

【特色5:臨床現場を身近なものに大学病院をフル活用】
北海道医療大学病院には、言語聴覚治療室や全国的にも数少ない音声言語外来があります。本学科の教員が臨床活動においても使用。身近な臨床現場を活用して見学実習や、臨床実習直前の基礎実習などを行います。

卒業後の進路

■2018年卒業生の9割以上が病院の言語聴覚士として活躍

言語治療を行う医療機関や福祉施設が増加する中、毎年多くの求人が寄せられ、安定した就職実績を保っています。これまで、国家試験合格者のほぼ全員が、専門職として就職を果たしています。2018年3月卒業生は就職者の94.2%が病院へ就職しました。なお、本学科の前身校を含めた全卒業生は1,130名。全国で活躍し、高い評価を得ています。

 
インタビュー
牧野 桃花さん

在学生 牧野 桃花さん(リハビリテーション科学部言語聴覚療法学科2年)

子どももお年寄りも好きだから、言語聴覚士への道を選びました。

医療大のパンフレットで「言語聴覚士」という資格があることを知り、国家試験合格率の高さから入学を決めました。保育士は子ども、介護士はお年寄りがメインですが、言語聴覚士はどちらにもかかわることに魅力を感じています。授業での学びももちろん大切ですが、在学中にはボランティア活動などにも積極的に参加し、さまざまな人とのかかわり方を学んでいきたいです。講義で聞いた「医療従事者は病気をみるのではなく、人を見ることが大切」という言葉を現場に出ても忘れないようにして、患者さんの小さな変化にも気づける言語聴覚士になります。

田中 優輝さん

在学生 田中 優輝さん(リハビリテーション科学部言語聴覚療法学科3年)

リハビリテーションやことばに興味、学ぶほどに好奇心が大きくなります。

野球でひじを痛めては整骨院に通っていたことから、身体のケアやリハビリテーションに興味をもつようになりました。また、苦手だった読書をきっかけに、「ことばって何だろう」という疑問を抱いていました。そんななかで出会ったのが言語聴覚士という専門職です。聴力検査の基礎として音の物理特性を学ぶ音響学や、科学的な視点から言語を捉える日本語学、神経言語学など、どの科目も先生方の指導が素晴らしく、好奇心は大きくなる一方です。将来を見据えて積極的に学ぶ毎日はとても充実しており、学生キャパス副学長(SCP)として大学の運営にも携わっています。

 
学べる学問
  • リハビリテーション学

 

目指せる職業
  • 言語聴覚士

資格
  • 言語聴覚士

北海道医療大学の所在地/問い合わせ先

全ての所在地/問い合わせ先を見る

所在地

●当別キャンパス

〒061-0293 北海道石狩郡当別町金沢1757

TEL.0120-068-222  FAX.0133-22-1835 

ホームページ http://www.hoku-iryo-u.ac.jp
E-mail nyushi@hoku-iryo-u.ac.jp
ページの先頭へ

北海道医療大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求
  • 願書請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内・願書
※資料・送料とも無料

_

ピックアップ
オープンキャンパス

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで北海道医療大学の情報をチェック!