せんだいあかもんたんきだいがく

仙台赤門短期大学

(私立短期大学/宮城県仙台市青葉区)

資料請求

オープンキャンパス参加

メイン写真

2018年4月開学の新校舎で学ぶ!地域に貢献できる看護師になる

仙台赤門短期大学の3つの特長

3つの特長1

経験豊富な教員陣による少人数教育

3つの特長2

「学都仙台」を象徴する文教区に設立

3つの特長3

東洋医学とのコラボレーション

本学の母体には、70年間東洋医学を追究し全国に多くの卒業生を送り出している赤門鍼灸柔整専門学校があります。最先端の医療・看護を学びながら、心とからだを整える東洋医学を学ぶことができ、超高齢化社会、緩和ケアなど現代社会の様々なニーズに対応できる幅広い知識と技術を持った看護師を育成しています。

仙台赤門短期大学の 学科・コース

看護×東洋医学のエキスパートを育成します

看護学科(3年)

上記は、2020年4月入学者対象のものです。

仙台赤門短期大学の 学費のこと

■2019年初年度納入金(参考)
155万円(教材費別途)

仙台赤門短期大学の キャンパスのこと

■最新のキャンパスにはオシャレで機能的な設備が充実
仙台市のシンボル・仙台城跡がある青葉山地区にキャンパスを構えています。2018年に完成した緑豊かなキャンパスには講義室の他に5つの実習室、最先端のスキル・ラボや学生がフリーでアクセスできるインターネット環境など、充実した学びの環境が整っています。学内2ヶ所に広くて清潔なパウダールームも準備され、それぞれ違ったデザインというこだわりも。休み時間や空き時間には、カフェ風のラウンジやモダンな図書室で自主学習を行うこともでき、学生同士や教員とのコミュニケーションの場としても活用されています。また、地域と密着した「まちかど保健室」を立ち上げ、看護教員が運営し実習に活用します。

■青葉山駅からはスクールバスも運行
短大のキャンパス・校舎は、仙台市地下鉄東西線「青葉山駅」から徒歩約15分です。青葉山駅からは無料でスクールバスも利用できます。キャンパスは仙台市の中心近くでありながら自然に恵まれ、落ち着いた環境で学習に励むことができます。

仙台赤門短期大学の 本学の特長

■歴史ある「赤門鍼灸柔整専門学校」が運営
学校法人赤門宏志学院は、「東洋医学・伝統医学を社会に普及し、国民の健康福祉に貢献する」を建学の理念として、 1947年全国初の医療従事者(あん摩マッサージ指圧師、鍼灸師、柔道整復師)の養成学校を設置して以来、 70余年にわたって運営し全国各地から入学者を受け入れ、卒業生約9,000人を全国各地に送り出しています。

■東洋医学とのコラボレーション
超高齢化社会の到来で在宅看護が重要になってきた昨今、自宅で安楽・快適性が求められる看護ケアのニーズが高まっています。母体である赤門鍼灸柔整専門学校が70年間追求してきた東洋医学を看護ケアにコラボレートし、より幅広いニーズに対応できる看護師の育成を目指しています。

仙台赤門短期大学の 学ぶこと

■看護職に必要な知識と技術はもちろん、豊かな人間性を身につけます
本学の1年次のカリキュラムは、人間を学ぶことから始まります。看護学の基盤は身体的、存在論的に人間理解が重要な視点になるため、各看護学では病気や障害が人間存在にどのような影響を与えるかを学んでいきます。そして看護はどのように人に関わり、健康の方向に援助するか、その理論的基盤に基づいた援助方法を学び、身につけます。

仙台赤門短期大学の 学生生活

■一人暮らしや通学のサポートも万全
遠隔地から通学する男子学生のために、学校から徒歩1分の好立地に学生寮を完備しています。朝夕の食事付きで、栄養面も安心です。女子学生向けには提携会社の運営する女子学生寮の紹介が可能です。車通学を希望する学生のためには、敷地内に乗用車約100台・自動二輪車約50台が駐車可能な学生駐車場を完備しています。

仙台赤門短期大学の所在地/問い合わせ先

所在地

●お問い合わせ先

〒980-0845 宮城県仙台市青葉区荒巻青葉6-41

TEL.022-395-7750  FAX.022-302-5531 

ホームページ http://sendai-akamon.ac.jp/
ページの先頭へ

仙台赤門短期大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内
※資料・送料とも無料

_

ピックアップ
オープンキャンパス

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで仙台赤門短期大学の情報をチェック!