• ぎふしょうとくがくえんだいがくふぞくしょうがっこう
  • 岐阜聖徳学園大学附属小学校

    • (小学校 /私立 /共学 /岐阜県岐阜市)

岐阜聖徳学園大学附属小学校の教育目標

教育方針/教育理念/建学の精神/ビジョン
本校は、仏教精神を基調とした人間教育を行っています。聖徳太子の「和を以て貴しと為す」を一つの拠り所として、平等、寛容、利他の精神を大切にした生き方を教育の指針としています。教師と子ども、子どもと子どもの人間的なふれあいを通して、子ども一人一人の個性を伸ばしていきます。
教育目標(育てたい子ども像)
優しくて強く、 賢さのふくらむ み仏の子
やさしい子…自分を見つめ、仲間に優しくする
つよい子…できるまで、あきらめない
かしこい子…自分で感じ、考え、みつけていく
ぎょうぎのよい子

1、問題解決の能力を育成する授業
 1)「問題把握・自己解決・集団解決・まとめ」という展開を基本とする授業
 2)学力の向上を確かめ自信を深める漢字検定・数学検定・英語検定・JuniorEnglishTest
 3)教員資質、授業実践力の向上のための授業研究会の実施
2、仏教精神を基調とした心を育成する道徳指導
 1)外部講師の法話からよりよい生き方を学ぶ宗教的行事
 2)自分のよりよい生き方を求め共に考え語り合う道徳の時間
 3)温かい雰囲気で、好ましい人間関係をつくり出す体験活動や学校行事
 4)一人一人が位置付き、自己肯定感を味わえる教室経営
3、日本や外国よさを学ぶ教育活動
 1)日本の文化に触れ、よさを感じる体験活動
 2)外国人講師による1年生からの英語授業など英語学習の充実
 3)ニュージーランド・ダニーデン市の姉妹校提携校とのTV会議による異文化交流
 4)情報活動能力を育てる1年生からのICT教育の充実
教育の特色
1、宗門関係学校として
本校は浄土真宗本願寺派の宗門関係学校(龍谷総合学園に属する)です。教育の目的は人格の完成にあり、人格の中心は道徳性であると考えられます。諸聖人の示した道徳について考え、生かされている自分、仏の心としての慈悲の心、報恩感謝の心を大切にし、人間尊重の気風がみなぎる学校づくりに努めています。

2、私立小学校として
岐阜県内最初の私立小学校として47年目を迎えました。これまで岐阜県内をはじめ、多くの方々にご指導・ご支援をいただきながら歩んできました。私学としてより多様なニーズにお応えできるよう、私学としての役割を十分に自覚し、特色を出して実践を重ねていきます。

3、大学の附属校として
大学の附属校としての本校は、9月には教育実習(教育学部)の学生の受け入れを行っています。また、大学の教員による授業や教育学部学生のサポートなど大学の附属校としてのメリットを最大限に生かした教育実践を展開しています。
pagetopへ

岐阜聖徳学園大学附属小学校の周辺環境・生徒数ほか

周辺環境
岐阜市南部、羽島市と接する田園地帯にあります。岐阜聖徳学園大学羽島キャンパスに隣接し、附属幼稚園・附属中学校を併設しています。
児童数
男子164名 女子202名(2019年4月現在)
計366名

岐阜聖徳学園大学附属小学校

男子 女子
1年 39名 24名
2年 25名 32名
3年 25名 37名
4年 24名 38名
5年 23名 39名
6年 28名 32名
設立年
1972年
pagetopへ

岐阜聖徳学園大学附属小学校の所在地/問い合わせ先

所在地
〒501-6122 岐阜県 岐阜市柳津町高桑西一丁目1番地

TEL.058-279-0805 
FAX.058-279-3291 

ホームページ http://www.shotoku.ac.jp/el/
交通アクセス 岐阜バス・名阪近鉄バス 岐阜聖徳学園大学よりすぐ
pagetopへ

スマホ版日本の学校

Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88

スマホで岐阜聖徳学園大学附属小学校の情報をチェック!