有名人スポーツワンポイント講座
有名人スポーツワンポイント講座

田中 美南選手 プロフィール

田中 美南選手
サッカー選手 日テレ・ベレーザ所属

プロフィール
1994年4月28日生まれ。タイ出身。母の母国であるタイで生まれ、すぐに帰国し神奈川県川崎市で育った。兄の影響で5歳からサッカーを始める。小学生までは地元の少年サッカーチームに所属していたが、中学生になるとその素質を認められ日テレ・ベレーザの下部組織である日テレ・メニーナに入団した。2010年のFIFA U-17女子ワールドカップでは3試合に出場し1得点を挙げた。2011年には高校生でありながら、トップチームの日テレ・ベレーザに2重登録されなでしこリーグに初出場・初得点を挙げている。翌2012年に日テレ・ベレーザ昇格。この年日本で開催されたFIFA U-20女子ワールドカップにも出場した。2013年に神奈川県立百合丘高校を卒業。同年、アルガルヴァ・カップ2013でA代表初出場・初ゴールを決めた。2015年、チームは13回目のリーグ優勝を果たし、ベストイレブンに初選出された。その後2018シーズンまでチームの4連覇に貢献し、4年連続ベストイレブン、3年連続得点王、そして2018シーズンはMVPも受賞した。また2017年の皇后杯全日本女子サッカー選手権大会では3大会ぶりの優勝を果たし、ますます期待がかかる選手でもある。

※プロフィール等は2019年6月時点のものです。

田中 美南選手の学生時代は・・・

兄に負けたくなくて、兄を追い越すことが最初の目標だった

田中 美南さん写真  私の3つ上の兄が地元の少年サッカーのクラブチームに入っていたので、その影響もあって5歳の時にサッカーを始めました。最初、たまたま蹴ったボールがゴールに入ったのを褒められて、嬉しかった思いが段々と面白さに変わっていきました。当時から女の子の遊びというより、外で駆け回っている方が好きな子どもだったので、男の子に混じってサッカーに夢中になったのも自然だったかもしれませんね(笑)。クラブチームの練習は基本的に土曜・日曜で、練習には父が送ってくれたり、公園で父とボールを蹴り合ったりしたことがすごく楽しかったんです。そんな私の最初のライバルは兄だった気がします。小学校の頃には二人でボールを蹴ることも多かったので、まずは兄に負けたくなくて兄を追い越すことが目標でした。当時から負けず嫌いが強かったと思います。
 もう一つ目標ができたのも小学生の時でした。それは将来、日テレ・ベレーザに入ることです。当時の日テレ・ベレーザは、澤穂希選手や大野忍選手が活躍する最強のチームでした。サッカー少女にとってチームへの憧れは日増しに大きくなっていたと思います。そして夢へのステップとして選んだのが、下部組織の日テレ・メニーナに入ることでした。もちろんセレクションを受けましたが、100人中5人ほどしか受からないという難関です。でも、受かる気しかしなかったですね(笑)。
 中学・高校時代は学校が終われば毎日、電車とバスを乗り継いでメニーナの練習に通っていました。当然ながら、友達と遊んだりする時間はありませんでしたが、私にはそれ以上に好きなサッカーがあり、ベレーザに入るというはっきりとした目標を持っていました。

メニーナからベレーザに、そしてチームを代表する得点王に

ベレーザには、勝ちに行く意識の高さや気迫が満ちていた

田中 美南さん写真  メニーナ時代にはFIFA U-17女子ワールドカップで3試合に出場し、1得点を挙げることができました。でも当時はやめたいと思ったことも何度かありました。とにかく監督が怖かったので、よく怒られたし、よく走らされた時はやめたいといつも思っていました(笑)。その監督から「来年からベレーザだ」と言われたのが高校1年生の時です。目標としていたベレーザへの昇格だったので、うれしさはもちろんですが、思っていたより早かったのでびっくりでした。普通は高校3年生くらいで決まることが多かったからです。
 また当時、メニーナはやはり学生がほとんどで、みんな仲はいいけれど本音を言って嫌われるのが怖いみたいな、全員がサッカーだけに集中できていないと感じていました。それだけみんな若いというか、まだ子どもだったのかもしれません。試合に向かって全員が本気になれていないと感じることもありました。ところがベレーザは、やはりみんなの本気度が違ってました。勝ちにいく意識の高さや気迫といったものが満ちあふれて、これがプロ意識というものだと強く感じました。
 高校1年生の間はメニーナとベレーザの両方に登録されていましたから、なでしこリーグに初出場したのも高校1年生でした。そして高校2年からはベレーザ1本でプレーすることになり、なでしこリーグでは昨シーズンまでチームは4連覇を続けています。その強さは、どんな状況にあっても勝ちにこだわったプレーができるところにあります。ボール保持だったりゴールに向かっていく姿勢は、なでしこの中でも最強だと信じています。

田中 美南選手からのワンポイントアドバイス

基礎をしっかり身につけたうえで、プレーの精度を高めていく

田中 美南さん写真  サッカーの楽しさは、11人という人数でゴールを取りに行ったり、守ったりするところにあります。それぞれのポジションの選手が、個々の役割を懸命に果たしながらチーム力を高めていきます。そのためには練習を積んでいくしかありません。特に中学・高校時代は日テレ・メニーナで練習していたので、練習内容もかなりハードでした。特に基礎の部分はみっちりとやっていたと思います。
(1)パス&コントロール・・・両サイドにボールの出し手、受け手に分かれパス練習をし、正確なコントロールとパスの技術を身につけます。この時、ボールは動きながら受けるようにします。
(2)リフティング・・・ボールをよく見て頭で受けてパスすることで、ボールを自由に操れるようにする練習です。パス&コントロール同様に正確に止めてパス(蹴る)で相手にボールをつないでいくことが大切です。
(3)ボールポゼッション・・・3対3や5対5などに分かれ、決められた時間の中でボールをキープし合う練習です。敵チームの選手と対峙しながらなので、正確なパスはもちろん、相手選手の引きつけ方や味方選手のサポートの仕方なども身につけます。
(4)シュート・・・ボレーやリバウンドなど色々なパターンのシュート練習をします。連続で何本も蹴ることによって、シュートの感覚を身につけます。
(5)対人練習・・・1対1や2対2などで、ボールキープやドリブル、パスの練習をします。相手をいかにかわして抜いていくか、どうやって崩すかを考えながら練習します。
(6)フィジカル&筋トレ・・・やはり基本は走ることです。足腰を鍛えながら体力をつけるには有効な練習です。また背筋や腹筋といった基礎的な筋トレや体幹を鍛えるトレーニングも高校時代から取り入れていました。

以上が主な練習メニューですが、最後にはこれまでの練習を生かして実践を意識したゲーム形式の練習も欠かせませんでした。このように練習メニューはたくさんありますが、私がアドバイスしたいのは基礎の「止める、蹴る」をしっかりと身につけて、そのうえでキックの精度を高めていくことが大事だと思います。また高校生くらいになると、自分の得意な部分を磨いて伸ばすことも考えて練習してください。

田中 美南選手からのメッセージ「辛くても、辞めずに続けてきたからこそ、今の私がある」

田中 美南さん写真  チームとして現在4連覇、個人としてはベストイレブンに得点王、そして昨シーズンはMVPも手にすることができました。これはチーム力あればこその結果だと思っています。その中で私のやるべきことは、FWとして点を取れるプレーヤーであり続けること。そのためには裏に抜けたり前で起点にもなれる、チャンスメイクも作るプレーヤーが理想です。またチームの中でも9年目を迎えるので、どんな状況の時でもチーム全体が前向きでいられるような雰囲気を作るのも9年間の私の役割かなと感じています。そしてチームや個人としての結果も大事ですが、内容にもこだわってプレーをしていきたいですね。今シーズンももちろんチーム優勝を目指します。また私自身、今回のワールドカップは逃しましたが来年の東京オリンピック、その先のワールドカップも見据えながら、まずはチームでしっかりと結果を出せるプレーをしていきたいです。
 私は高校時代、サッカーに打ち込んできましたが、しんどくて何度もやめたいと思ったことがありました。でも続けてきたからこそ今の結果があるんだと思います。もちろん皆さんには可能性も選択肢もたくさんあると思います。でも大事なのは簡単に逃げ出さずに、とことん突きつめるくらい続けてみることだと思います。きっと何かしらの結果や成果を手にすることはできるはずです。頑張ってみてください。


※プロフィール等は2019年6月時点のものです。

森重 真人選手
森重 真人選手(サッカー選手)
無理ができる今だから、いろんなチャレンジをしてみよう!
今野 泰幸選手
今野 泰幸選手(サッカー選手)
仲間との絆、それは共に頑張ってきたからこそ築けたもの
髙瀬 愛実選手
髙瀬 愛実選手(サッカー選手)
今しかできないこと、仲間たちとの時間を大切に
宮間 あや選手
宮間 あや選手(サッカー選手)
先輩たちの背中を見て、たくさんのことを学んだ
田中 明日菜選手
田中 明日菜選手(サッカー選手)
打ち込める何かがあるって素晴らしいこと
柿谷 曜一朗選手

2012年8月

柿谷 曜一朗選手(サッカー選手)
好きという気持ちを忘れなければ、頑張れる
茂庭 照幸選手

2012年5月

茂庭 照幸選手(プロサッカー選手)
自分の信念を持って、何かをやり抜くことが大事
森島 寛晃さん
森島 寛晃さん(元サッカー選手)
目標に向かって、諦めずに歩き続ける
平山 相太さん
平山 相太さん(プロサッカー選手)
好きなことに挑戦し続けていきたい!
柳沢 敦選手
柳沢 敦選手(サッカー選手)
自分のサッカーを信じることができた
加地 亮選手
加地 亮選手(サッカー選手)
全力で取り組んだ事に無駄はない
福西 崇史さん
福西 崇史さん(元サッカー日本代表選手)
チームワークや問題を克服する力が人間をも大きくする
秋田 豊さん
秋田 豊さん(元サッカー日本代表選手)
学生時代は人生の分岐点。夢や目標を持って過ごそう
三都主 アレサンドロ選手
三都主 アレサンドロ選手(サッカー選手)
厳しさを知り、そして夢とチャンスを掴むことができた
注目の高校ピックアップ

梅光学院高等学校

(山口県/私立/共学)

梅光学院高等学校
資料請求
オススメコンテンツはこちら
人気職業ランキング 大学短大の資料願書をまとめて請求しよう! 専門学校の資料をまとめて請求する 私立高校のパンフレット取り寄せ 看護特集 学食へ行こう 大学人気ランキング JS日本の塾
有名アスリートからの応援メッセージ