服部栄養専門学校

服部栄養専門学校

栄養士科 2年

南 さやかさん

(東京都私立川村高等学校)

○クラブ・サークル:食品加工部、調理部

○将来の夢:感動されるお店をつくりたい

○趣味:食べ歩き、写真を撮ること

1
調理のできる栄養士になるために
食べることが大好きで、将来は食に関する仕事に就きたいと思っていました。それと同時に、食について学びたいとも思っていました。この学校の栄養士科には、調理のできる栄養士を育てるという方針があり、それが自分の理想と重なったので、この学校を選びました。
2
実験を通して知った料理の奥深さ
実験の授業では、ある食品にはどれくらいの添加物や保存料が入っているのかを調べます。どのタイミングで調味液を入れると美味しくなるのか、どんな成分が入っているから美味しいのかなど、美味しいと感じる仕組みを科学的に検証することもあります。美味しい料理にはちゃんと理由があることを学べるので、とても興味深いです。
科学的根拠に基づいて味覚を学べます
4
食品加工品をイチから手作り
所属している食品加工部では、部の名物の「服部味噌」やジャム、かりんとう、オリーブオイルなどをラベルも含めてイチから自分たちで手作りし、学園祭で販売しました。添加物や保存料を一切使用していないので、どれも安心して食べることができます。
ラベルデザインも私です!
5
この学校に入って夢がより具体的に
お店をやりたいという夢はずっと持っていましたが、この学校でいろいろなことを学ぶ中で少しコンセプトが変わってきました。以前は単に美味しい料理を食べてもらいたいと思っていましたが、添加物を使わない安全で美味しい料理を提供したいと考えるようになりました。栄養士としての知識も生かしたいし、忙しい人に栄養があって美味しい料理を食べてほしいのでケータリングもやりたいです。栄養士をブランドにした、美味しくて健康的で安全な料理を提供するお店を開きたいです。
栄養士実力認定試験A判定を目指して
6
まずは気軽に遊びに来てください!
実はこの学校に入学することを決めるまでは、大学進学を考えていました。でも今は、これからの時代、大学よりも専門学校だと思います。この学校にはいろいろな魅力がありますが、それを語り出したらきりがないので、オープンキャンパスやイベントに来てほしいです。基本的に土日のどちらかに開催しているイベントでは、ケーキが振る舞われたり、ステーキフェスがあったり、無料で美味しいものが食べられます。気軽に遊びに来てください!
1999年3月(0歳)
東京都新宿区に生まれる。母が言うには、お腹の中にいるときから「この子は絶対に食いしん坊だな」と感じていたそうです。その予感は的中し、美味しいものに目がない食いしん坊に。今も地方に行っては、その土地の名産物に舌鼓を打っています。
2011年4月(12歳)
私立川村中学校に入学
食への探究心から料理部に入部。
2014年4月(15歳)
私立川村高等学校に入学
中学時代に続き料理部に所属。高校3年生のときには部長を任され、自分に自信が持てるようになりました。
2017年4月(18歳)
服部栄養専門学校に入学
食品加工部と調理部に入部。学園祭では手作りの食品加工品を販売しました。2年生になり、食品加工部の部長に就任。1年生が入ってきてくれるのか心配でしたが、たくさんの新入部員に恵まれ安心しました。

服部栄養専門学校の所在地/問い合わせ先

所在地
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-25-4  入学相談室 0120-69-8101 (フリーダイヤル)

TEL.03-3356-7175 

ホームページ http://www.hattori.ac.jp
E-mail open@hattori.ac.jp
ページの先頭へ

服部栄養専門学校の資料や願書をもらおう

  • 資料請求
  • 願書請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内・願書
※資料・送料とも無料

_

注目★学校情報

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで服部栄養専門学校の情報をチェック!