くわさわでざいんけんきゅうしょ

専門学校 桑沢デザイン研究所

(専門学校/東京都渋谷区)

資料請求

願書請求

オープンキャンパス参加

総合デザイン科 プロダクトデザイン専攻

自動車、電気製品などの工業デザインから生活用品まで。環境やコストなど、さまざまな制約を乗り越えるデザイン能力を養う

  • ※2020年4月入学者対象のものです。
プロダクトデザイン専攻
この学科・コースの資料をもらう
 
 
プロダクトデザイン専攻の特長
カリキュラム

大学の4年制でもなく、専門学校の2年制でもない。 桑沢デザイン研究所の昼間部には、3年制でなければならない独自のカリキュラムがあります。
1年次では、デザイン以前の基礎を徹底的に鍛え、眠っている感性を開発。 2年次からは、専攻に分かれ各専門分野の基礎知識・技術を身に付けます。 そして3年次では、それらの応用を積み重ねることで、発想力、構築力、独創力を含めた、デザインの力を豊かに培っていきます。

●2年次―基礎知識や技術はもちろん、求められる社会的責任も
人々は製品を選び、使うことを通して、その人らしく暮らし、生きています。つまりプロダクトデザインには、人間の意識や哲学を変えることのできる力が秘められているといえます。そして、プロダクトデザイナーは、私たちが生きる社会に対して、あらゆる責任を負っているといっても過言ではないでしょう。どんな材料でつくるのか、どのように生産するのか。できあがった製品だけではなく、素材や加工方法など、例えば環境問題にも配慮する必要があります。
2年次では、こうしたプロダクトデザインが担う社会的責任の意味はもちろんのこと、スケッチ、製図、モデリングといったプロダクトデザインに必須の技術も学びます。
●3年次―技術を確実に身に付け応用し、発想を形にできるように
この製品を使ってどんな気持ちになってほしいのか。そこまで考え、人に刺激を与えることができるからこそ、デザインとは「力」であるともいえます。プロダクトデザインを学ぶとは、そうした「力」の正しい使い方を身に付けること。
また3年次では、就職活動を行いながら、卒業制作に力を入れていきます。

卒業後の進路

設立以来、半世紀にわたる卒業生数は2万人を超え、デザイナーや起業家として、いろいろなステージの第一線で活躍している優れた人材を多数輩出してきた実績は、社会的に高い評価を受けています。
本校の卒業予定者は、入学時からはっきりとした意思をもち、ほとんどがデザイナーを希望しています。
デザイナーは、免許や資格によって仕事を行うのではなく、知識と技術と感性をフルに生かした実力の世界です。それだけに可能性は大きく、やりがいのある仕事といえます。

就職指導

■本校のキャリア支援
本校では厚生労働大臣の認可を受けて、職業紹介を行っています。昼間部、夜間部に通う全在校生に対して、就職担当が窓口となって、年間を通して以下のような就職支援を行っています。
●就職セミナー:専門講師により就職活動のレクチャー
●企業説明会:デザイナー、人事担当者による各企業の説明会
●キャリアカウンセリング:有資格者による個別の就職相談
就職支援は入学してすぐに始まります。社会人になるための心構えを指導するところから始まり、企業説明会、就職セミナーなどを開催し、在校生の就職を全力でサポートしています。

講師

ゼミナールでは、ゼミマスターと専任教員とによって組まれたそれぞれのカリキュラムに沿って学びを進めます。ゼミマスターと呼ばれる先生方は、第一線で活躍する現役のクリエイター。商業にとらわれず、社会に還元することを目標に、より新しい価値観やアイデアの提案など、ビジュアルデザインに関する研究も行います。表現の幅はぐんと広げられますが、技術はもちろんのこと、知識や考え方、あるいは人間性まで、常に自分自身の力を試される場となります。

奨学金制度

■奨学金について
本校在学生が申し込むことのできるおもな奨学金制度はつぎのとおりです。
また、本校では一般入学試験において優秀な成績を修めた新入学生を対象とした「桑沢学園学習奨励奨学金」があります。
・日本学生支援機構奨学金
・東京都奨学金
・桑沢デザイン研究所奨学金(他の奨学金との併用可)

環境

〈桑沢デザイン研究所〉は、渋谷と原宿に挟まれた坂の上に建っています。
学校の南に広がるのが渋谷の街。巨大なスクリーンや看板、ポスターが風景と一体化し、デザイン性の高い製品がショーウインドウに並んでいます。
北へ歩けば、原宿へ。周辺には、現代建築家の設計したビルや、新進気鋭のデザイナーがデザインした店舗が軒を連ねています。 道行く人は、話題のショップのバッグを抱え、流行を先取りしたファッションに身を包みます。ここは創造から消費までをトータルに観察できる、デザイン実例の宝庫。 世の中で起きている現象を目の当たりにし、考察を重ねて批評精神を培うことも可能です。

校風

「デザイン」を冠した日本発の教育機関として「デザイン」とは何か・その概念、社会的な役割などを掘り下げ、様々なバックグラウンドを持つ人たちが、デザインについて学び、デザインの新しい流れを作ってきました。現在も尚、当時の学びの雰囲気は変わっていません。年齢も立場も様々な人が集まり、刺激を受け合って学ぶ場として輝き続けています。

イベント

■卒業生作品展
桑沢デザイン研究所の卒業生作品展は、総合デザイン科(昼間部)3年生卒業制作<ゼミナール>とデザイン専攻科(夜間部)2年生の卒業制作の作品および基礎造形専攻(附帯教育)受講生の作品を発表する場として、毎年2月末に開催しています。 一般の方にも公開していますので、本校を卒業する学生の作品をぜひご覧ください。

 
目指せる職業
  • プロダクトデザイナー

専門学校 桑沢デザイン研究所の所在地/問い合わせ先

所在地
〒150-0041 東京都渋谷区神南1-4-17

TEL.03-3463-2431  (代表) 

ホームページ http://www.kds.ac.jp/
E-mail kouhou@kds.ac.jp
ページの先頭へ

専門学校 桑沢デザイン研究所の資料や願書をもらおう

  • 資料請求
  • 願書請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内・願書
※資料・送料とも無料

_

ピックアップ
オープンキャンパス

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで専門学校 桑沢デザイン研究所の情報をチェック!