くるめりはびりてーしょんがくいん

専門学校久留米リハビリテーション学院

(専門学校/福岡県八女郡広川町)

資料請求

願書請求

施設設備Photo

清潔感あふれる明るい校内と、自然あふれる抜群の環境はくるリハならではです!

【キャンパス外観】緑に囲まれた小高い丘の上にあります。

【キャンパス外観】緑に囲まれた小高い丘の上にあります。

  • 【キャンパス外観】緑に囲まれた小高い丘の上にあります。
  • 【日常動作訓練室】日常生活において、人が自立して生活する為に必要な身の回りの動作、家事動作を学びます。
  • 【機能訓練室】身体を自由に動かせない患者の運動機能を回復させることを目的に使用します。
  • 【治療室】最新の機器を取り揃え、運動療法や物理療法、測定評価を学びます。
  • 【水治療室】水の特性を生かした治療法を学びます。水中歩行が可能な大型の器具を備えています。
  • 【基礎医学実習室】骨、筋肉、臓器などの標本を用いて、人体の構造を学びます。
  • 【装具加工室】義肢や装具の構造やしくみ、採寸・加工方法を学びます。
  • 【木工・金工・陶芸室】指先の細やかな動きから、全体を使った動きまで、作業の特性を生かして身体的・精神的なアプローチ方法を学びます。
  • 【織物・手工芸・絵画室】作業療法の治療の中でよく利用される活動があり、それらの動作に含まれる身体的・精神的な効果を実習を通じて学びます。
  • 【グラウンド】学院敷地内に広いグラウンドがあり、保健体育の授業などで利用しています。
  • 学生ホール
  • 図書室
  • 教室
  • 講堂
  • 視聴覚室
  • レクリエーション室
  • タブレットPCを入学時にひとり1台贈呈!先生の授業を丸ごとダウンロードできるから、授業中は「書き写す」から、「しっかり聞く」に集中できます。
  • 【水中トレッドミル(理学療法学科実習ツール)】水の抵抗を利用したツール。水中での歩行訓練を行える最先端の機器です。
  • 【階段とスロープ(理学療法学科実習ツール)】車椅子での階段やスロープの昇り降りを介助するための実習に欠かせないツールです。
  • 【装具(理学療法学科実習ツール)】手足の機能を強化するためにはめる道具。作りや装着の訓練方法も学びます。
  • 【サンディング(作業療法学科実習ツール)】斜面に沿って両手でおもりを持ち上げ、手や肩の筋力アップを図る訓練に使います。
  • 【卓上織り機(作業療法学科実習ツール)】手指の機能回復のみならず、糸の配色などを考えて作業をすすめることから、頭脳の回復訓練に効果的です。
  • 【ペグ(作業療法学科実習ツール)】最も代表的な作業療法ツールの一つ。指先のつまみ動作、機能回復などの他、握ったものを手放す機能の回復にも使われます。
  • 【上肢機能補助装置:スプリングバランサー(作業療法学科実習ツール)】上肢機能に障害がある方が腕を上げて作業するための補助に使います。
  • 【学食】くるリハの学食は、医療人を目指す学生のために、栄養バランスを考えた食事が摂れるよう、健康メニューにこだわっています。

専門学校久留米リハビリテーション学院の所在地/問い合わせ先

所在地
〒834-0102 福岡県八女郡広川町水原1541

TEL.0120-707-177  FAX.0943-32-3200 

ホームページ https://kurumereha.ac.jp
E-mail info@kurumereha.ac.jp
ページの先頭へ

専門学校久留米リハビリテーション学院の資料や願書をもらおう

  • 資料請求
  • 願書請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内・願書
※資料・送料とも無料

_

ピックアップ
オープンキャンパス

注目の情報

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで専門学校久留米リハビリテーション学院の情報をチェック!